>  > ウェッズ スポーツ ブレーキパッド レブスペック プライム 1台分 フロント/リア ランドクルーザープラド KZJ78G 93/5~96/4

ウェッズ スポーツ ブレーキパッド レブスペック プライム 1台分 フロント/リア ランドクルーザープラド KZJ78G 93/5~96/4

吉田 拓洋*1 杉村 紘平*1 森川 治*1

*1: 山口大学 工学部 機械工学科


About the effective presentation of force display devices, hermal sensation of the virtual embrace to give a hugged sense.

Takumi Yoshida*1, Kohei Sugimura*1 and Osamu Morikawa*1

*1: Department of Mechanical Engineering, Faculty of Engineering, Yamaguchi University

Abstract - The embrace is effective means to give security to a person, but it is difficult to touch it with a body in counseling directly. In this report, I produce force display devices, hermal sensation experimentally and examine a part and the stimulation strength that the stimulation presentation that I combine it with the embrace on the picture is appropriate experimentally. The presentation device does it with the jacket which put plural rubber and bars on the point in the chest, back, arm part. Force display devices coordinates it by air pressure to give rubber. Hermal sensation regulates it by the electricity supply to a bar.

Keywords: medical support, communication support, virtual hug, HyperMirror and Kinect.


ウェッズ KZJ78G ブレーキパッド フロント/リア ランドクルーザープラド プライム 93/5~96/4 フロント/リア スポーツ レブスペック ウェッズ 1台分

安心感はスキンシップをすることによって増幅することがわかっている。特に信頼できる人に抱擁されることで安心感をより増幅することができる(図1) 。これはオキシトシンの分泌が大きく関わっており、スキンシップにより脳内からオキシトシンが分泌することで安心感が増幅し、不安や恐怖の軽減につながるためである[1]。また、不安を抱えている人が多く存在するカウンセリングでは、クライアントは自分自身が抱擁されるイメージを持つことが効果的である場合があり、 このようなイメージを作り出すためには肌からの感覚刺激が重要である[2]。この場合には、抱擁が有効ではないかと考えられる。しかし、身体接触はカウンセリング技術として確立されておらず、あまり活用されていないのが現状である[3]。また、カウンセリングにおいて、カウンセラーがクライアントを抱擁し身体接触をすると、セクシャルハラスメント等の倫理的問題が発生する恐れがある。そこで、倫理的問題の回避手段の一つとして仮想抱擁が有効ではないかと考える[4]。仮想抱擁では、抱擁されている映像を視覚情報として安心感を得られるが、 感覚刺激を追加することでより安心感を得ることができるのではないかと考えた[4]。


図1. 抱擁されることで安心感が得られる

 本研究では、触力覚提示装置及び温熱覚提示装置の開発を行い、装置の有用性について検証していく。

2. 提案する仮想抱擁システム

 川上らの仮想抱擁システム[4]では、距離情報付きカメラのKinectを用いたハイパーミラーシステム[5]と触力覚提示装置を用いている。改良点として、触力覚提示装置の小型モーターの作動音が、抱擁感覚を阻害している点、人肌のぬくもり(温熱覚)の欠如が指摘されている[4]。その他にも、触力覚提示装置の着脱の容易性、圧力提示力と位置調整ができることが望ましいと考える。また、画面上の2人の位置関係の微調整はコンピュータに自動で行わせたい[6]。

本研究では、先行研究[4]に触力覚提示装置及び温熱覚提示装置の追加を提案する。画面上でカウンセラーがクライアントを抱擁すると、触力覚刺激および温熱覚刺激がクライアントに与えられる。これにより、クライアントは実際の身体接触なしで抱擁されている感覚を得ることができると考える。

3. 触力覚提示装置

仮想抱擁において、触力覚刺激の提示位置、提示力、提示タイミングの最適値は未知数である。本節では、どの場所に、どのタイミングで、どのくらいの圧力をかければクライアントに安心感を与えられるかを知るための、実験装置について述べる。

ウェッズ フォグランプ用 スポーツ ブレーキパッド レブスペック プライム 1台分 フロント/リア 12インチ ランドクルーザープラド KZJ78G 93/5~96/4

先行研究[4]では 【USA在庫あり】 ジェームズ JAMES プライマリー カバー ガスケット 06年-17年 ダイナ、07年-17年 ソフテイル 5個入り 0934-1196 JP店、作動時のモーター音が安心感を阻害する要因であることが指摘されていた。本研究では、空気圧を用いる方法を採用する. また RR7331BK-YB5 フルメッシュジャケットFP ブラック×Y.ブルー XLサイズ ラフアンドロード(Rough&Road)、カウンセリング時の準備時間短縮のために、図2のような塩化ビニル樹脂のゴムパッドを貼り付けた服とする。このほか、

ウェッズ スポーツ ブレーキパッド レブスペック プライム 1台分 フロント/リア ランドクルーザープラド KZJ78G 93/5~96/4

●ブレーキの効き具合に不満を感じる、通勤や日常のドライブでソフトワインディングで、もっと走りを楽しみたい。
●そんなご要望にお応えしたブレーキパッド、それがREVSPEC PRIMES。
●純正ブレーキパッドのような滑らかなブレーキタッチでありながら初期制動を重視し、確かな制動力を発揮します。
●ブレーキダストやブレーキの音鳴きには徹底的な対策を施し、大幅な低減に成功しました。
●アルミホイールメーカーウェッズがこだわるのは ホイールの汚れにくい高性能ブレーキパッド。
●ブレーキパッドの基本性能をしっかり抑えながら、カスタマイズカーの美しさを足元からサポートします。


☆適合車種を必ずご確認下さい☆
●メーカー名:トヨタ
●車種:ランドクルーザープラド
●型式:KZJ78G
●エンジン型式:
●年式:93/5~96/4
●備考:

●装着位置:フロント/リア
●ローター適正温度域:ローター適正温度:0~450℃
●材質:ノンアスベスト ノンスチール材

●メーカー品番:PR-T048/PR-T522

送料無料(離島:1200円・沖縄:2000円かかります。)
代引手数料:無料


発送までの
  目安
●商品手配後、(銀行振込は入金確認後)からメーカーに在庫がある場合は
3~5営業日で発送となります。
まれに欠品・受注生産で納期に時間を要する場合がありますので
お急ぎの方は誠に恐れ入りますが、納期をお問い合わせ下さい。
発送詳細●発送は宅急便での発送となり、送料は「お支払い・送料」に
記載の通りとなります。
発送業者のご指定は出来ません事を予めご了承下さい。
支払方法●支払い方法につきましては、ショッピングガイドを御参照下さい。
注意事項●商品手配後(入金後)のキャンセル・商品変更・数量変更は出来ませんので、ご了承下さい。
お急ぎの方は必ず在庫確認をして頂き、弊社より回答をさせて頂いた上でご注文下さい。
在庫確認の質問を行わなかった場合の納期対応は可能な限り対応させて頂きますが、その時の在庫状況による事をご了承下さい。
●商品についてはお客様の責任でお選び下さい。
画像について商品掲載画像はイメージ画像になります。
お届けする商品は車両の仕様等によってを異なる場合がございますので
予めご了承下さい。

、圧力タンク・チューブ・空気入れを使用する。画面上における抱擁に合わせて手動で圧力タンクから空気を放出し,パッドに空気を入れ、圧力提示する。圧力提示を中止する場合は、空気の流入を中止することにより実現する。


図2. 触力覚提示装置

適切な提示位置を実験的に探索する目的で、16枚のパッドを図3のように配置する。パッド間は2点弁別閾以上の距離があり、それぞれ別刺激として感じることができる。パッドのサイズを表1に示す。

パッドに空気を入れると 14インチN BOX+JF系 ターボ車HOT STUFF ララパーム KC-8 シルバー 4.5Jx14トランパス LUK 155/65R14、身体から離れる方向に膨らみ、圧力が伝わらなくなる。これを防ぐ目的で胸部・背部にはプロテクターを使用する。同様の理由で、腕部にはアームカバーを使用する。一定の圧力で空気が送られるように、圧力タンクの上にアシスタントが乗ることで、圧力の調整をする。


図3. 貼り付け位置

表1. パッドの大きさ

      縦[mm]  横[mm] 厚さ[mm]
胸部・背部  100   100  1
腕部     120   60   1

胸部・背部のパッドを図4、腕部のパッドを図5に示す。


図4. 胸部・背部のパッド


図5. 腕部のパッド

3.2 有用性の検証

予備実験では、被験者が安心感を得ることのできる圧力を提示できること、 複数箇所に圧力を与えること、任意のタイミングで被験者が望む圧力を増減できること、動作音が抱擁による安心感を妨害しないことを確認する。

検証のための予備実験には山口大学工学部の同じ研究グループの学生5名が被験者として参加した。検証実験に要した時間は被験者1名につき約5分であった。被験者には試作した触力覚提示装置で図6に示す位置の圧力を体験してもらい、口頭で意見を聞いた。


図6. 4枚のパッドの配置図

3.3結果

 結果、触力覚提示は人が感じられる程度で可能であるが 、安心感を得られるような力には至らなかった。実験を行った際の動作音は空気の漏れる音があったが、不快感を感じるほどではなく許容範囲内であることがわかった。

しかし、触力覚装置として使用していたプロテクターに関してはパッドが離れない目的で締め付けていたため、空気を放出し圧力が与えられる前から締め付けられている感覚を被験者は感じ、快適性を奪っていたことがわかった。さらに、実験時に取り付ける際に手間がかかってしまうため、伸縮性のない素材で締め付けをなくし簡易的に取り付けられるようさらなる改良が必要である。

加圧の立ち上がりが遅く、減圧時も加圧時と同様に遅く抱擁感はあまり得られなかった。高速化が必要である。その他に J-AMBLE[4580412702267] urbanism フーディーメッシュレディースジャケット LIGHT GRAY S UNJ-054W、パッドに空気を放出すると装置が熱を持つことがわかった。これは圧力タンクに溜めてある圧縮空気が放出されパッドに送られる際の断熱圧縮の影響であるのか、 被験者の体温が反射して発生したのか、あるいはただの錯覚であったのかなど調査が必要である。

3.4 今後の予定

仮想抱擁にふさわしい触力覚刺激の提示位置は不明である。適切な圧力提示位置の探索実験が必要である。

実験では、16枚のうち数ヶ所を膨らませ、最も安心感を得ることが可能な位置を模索していく。16枚のうち数ヶ所を膨らませるパターンは、2^16 = 6万通りになり、すべての組み合わせを調べることは現実的でない。そこで、計画では、表2のとおりのパターンについて実験を行う予定である。

 評価方法は5段階評価のアンケートで行う。なお ディクセル Premiumタイプ ブレーキパッド リア BMW F02、脳波や脈波の測定も検討したが、測定器具が画面上に映ってしまい、抱擁感が失われてしまう恐れがあり、今回は実施を見送ることにした。

質問としては、
Q1:圧力は自然でしたか?
Q2:圧力と映像の組み合わせは自然でしたか?
Q3:抱擁された感覚を得ることはできましたか?

を予定している。

表2. 圧迫を提示するパターン

1回目上部の4枚だけを膨らます
2回目中部の4枚だけを膨らます
3回目下部の4枚だけを膨らます
4回目腕の前面の2か所だけ
5回目腕の背面の2か所だけ
6回目腕の4か所全部
7回目1,2,3回目の良かった部位と4,5,6回目の良かった部位

4. 温熱覚提示装置

先行研究から、安心感をより与えるためには、触力覚以外にも他の感覚刺激を与える必要があると考える。そこで、タッチングでリラックスを与える要因として重要なポイントであるぬくもり(温熱覚)に注目することにした[8]。温熱覚を与えるために材料として電熱線を用いた温熱覚提示装置を作製する。

4.1 理想的な温熱覚提示装置

安心感を与える為に、ジャケットなどの簡易的に装着可能な衣服等に、温度分布が制御可能な発熱体を配置する。仮想抱擁に合わせて発熱したい部位に最適な温熱刺激を提示することが可能な装置が理想的であると考えている。

4.2 実験用温熱覚提示装置

安心感をより与えるための温熱提示を明らかにすることが目的である。そのため、実験では、温熱刺激は胸部6ヶ所・腕部4ヶ所・背部6ヶ所の全16ヶ所にした(図7)。温熱覚提示装置は市販のジャケットに発熱体としてアルミ板を介して電熱線を配置した。アルミ板は提示部位に等しい温度を与えることと、安全性を考慮して使用している。温熱刺激として、目標としている温度は人間の平均体温36.9℃とする。


図7. 温熱覚提示装置

4.2.1 性能評価

作成した実験用温熱覚提示装置の性能について以下の方法で測定した。

測定方法1:目標温度までの変化時の制御スイッチの初期設定目標温度である36.9℃に図11に示す制御スイッチのどの設定を用いれば、最も早く到達することが可能となるか図12の電熱線を配線したアルミ板を用いて計測した。

測定方法2:電熱線長さの決定

目標温度である36.9[℃]を維持できるように、電熱線の長さをプロトタイプに用いるアルミ板300×100×0.1 [?]に等間隔で配線する。1.00[m]、1.25[m]、1.50[m]、1.75[m]の4条件と6段階スイッチの24データを目標温度からの変化から測定した。なお、測定時の外気温は24.7[℃]であった。

4.3 計測結果

 測定結果を図8、図9に示す。結果、実験に必要な温熱提示ができることがわかった。なお、電源を入れてから目標温度までの時間に関して更なる計測が必要である。


図8. 測定方法1の測定結果


図9. 測定方法2の測定結果

4.4 有用性の検証結果

開発した温熱覚提示装置が安心感を増幅させることが可能なのか心理・生理実験を行う。実験内容としては、複数人の被験者にカウンセリングという状況で、仮想抱擁を画像合成だけを用いた場合と画像合成と温熱覚提示装置を用いた場合の比較実験を行う予定である。この時、同時に頭表脳波測定を行う。脳波は、α波の増加から安心感が増幅したか評価する。実験終了後にアンケートを記入してもらい、そのアンケート結果を集計して解析を行う。

5. 終わりに

 本報告では、ハイパーミラーの実現方法は先行研究と同じく、距離情報付カメラKinectを用いた。そして、触力覚提示装置と温熱覚提示装置ともに、予備実験を行った。今後予定している実験では、得られた結果から装置を改良し、安心感に有用な圧迫位置を探索することを考えている。これらの装置を用いて、

ウェッズ スポーツ ブレーキパッド レブスペック プライム 1台分 フロント/リア ランドクルーザープラド KZJ78G 93/5~96/4

、仮想抱擁がより安心感を与えられるように改善したい。

参考文献

[1] 小泉由美, 他 : タクティールケア実践記録からみる効果の内容分析 ; 日本看護研究学会雑誌, Vol.35, No.4, pp.91-99, 2012.

[2] Morikawa, O., Hashimoto, S., Munakata, T., Okunaka, J., : バルターモト Valter Moto アクスルスライダー 17年 GSX-R1000 リア 赤 VMC-CPC01-CPAPS07 JP店 , ICMI06, pp.318-325, 2006.

[3] C.R.ロジャーズ : ロジャーズ全集2カウンセリング(改訂9刷) ; 岩崎学術出版社, pp.114-116 , 1979.

[4] 森川治, 川上瑛大, 真鍋大樹 : RK CHAIN GS525 XW 110L (アールケー ドライブ チェーン エックスダヴュリュ  リング  シール ゴールド) ; ヒューマンインターフェイス学会誌, pp.999-1004, 2015.

[5] 大山英明, 戸田賢二, 森川治 :  レクサス IS F ステンマフラー【トムス】トムスバレル レクサス IS-F USE20 IS-F フルステンレス Beatsonic オーディオキット [アリスト JZS160 JZS161 H9/8-05/8 MOPナビ無し JBLプレミアムサウンド装着車 8SP車 SLA-31A 付属] オーディオ交換ハーネス 送料無料(代引除く) 18インチ サマータイヤ セット【レガシィツーリングワゴン(BH系)】MID RMP 025F ハイパーメタルコート/ブラッシュドフィニッシュ 7.0Jx18Bluearth エース AE50 215/40R18 ミツビシ ミニカ H31A 93/8~98/12 REVSPEC PRIMES レブスペック プライムス ブレーキパッド フロント用 左右セット PR-S144 BMS ラティスチェック マット イスト NCP110 H14/5~ フロア ラグ カーマット距離画像を用いたハイパーミラー(超鏡)システムの開発 ; 第18回日本バーチャルリアリティ学会大会論文集, pp.289-290, 2013.

[6] 森川治, 戸田賢二, 前迫孝憲 : 映像フェデレーションによる総合制の自動保持 , SI2014, pp.937-942, 2014.

[7] 森川治, 橋本佐由理, 前迫孝憲 : 仮想的な抱擁を取り入れた遠隔カウンセリングシステム ; 日本バーチャルリアリティ学会論文誌, Vol.14, No.1, pp.3-10 , 2009.

[8] 森千鶴, 村松仁, 永澤悦伸, 福澤等 : タッチングによる精神・生理機能の変化, 山梨医大紀要 第17巻,pp64~67, 2000.

{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-23245