地域デザインをめぐって vol.07 “在郷町”

SSK エスエスケー アルミビレットアジャストレバーセット 可倒延長式 アジャスターカラー:マットチタン エクステンションカラー:マットグリーン レバー本体カラー:マットチタン HYPERMOTARD821 HYPERMOTARD939

柴田 純花

2015年1月25日、福井市東郷公民館で行われた「東郷まちづくりシンポジウム」(主催:福井市/東郷ふるさとおこし協議会、共催:ふくいPR隊@東郷研究会/東郷公民館)にM1柴田が参加しました。今から丁度1年前、学部4年の時におこなった卒業設計「在郷でおりなす まち庭」にて福井市東郷地区を対象としたことをきっかけに、調査から得られた知見とそれに基づく設計提案を住民のみなさまの前で発表させて頂きました。

当日は、まず、福井平野における東郷地区の変遷について講演させていただきました。地域再生研究所所長の細尾勝博氏に兵庫県多可町における地域活性化についてお話いただいた後、東郷公民館館長の高嶋了一氏をコーディネーターに、東郷ふるさとおこし協議会の佐々木教幸氏を交えたパネルディスカッションに参加させていただきました。この場をお借りして、発表の内容や当日の様子、振り返りをご報告させていただきます。

 ▲「東郷まちづくりシンポジウム」パネルディスカッションの様子

福井平野における東郷:在郷町のゆらぎやすさ

まずは、中世から現在に至るまで 、福井平野の中で東郷がどのように変容してきたかについて発表した。

東郷の町は「在郷町(ざいごうまち)」と呼ばれる町に分類される。在郷町の成立は江戸時代である。厳密な定義はなく、在郷町であると同時に宿場町等と称される場合もあるが、「都市的要素と農村的要素が社会的・空間的に混在」1)しながら町を形成するという特質を持つとされる。すなわち農村地帯において、流通の結節点となり街道沿い等に商工業が集積した「まち」であり、他農村とは一線を画した存在であった。

 ▲東郷のまちの中心を走る堂田川。江戸期には福井城下へと続く街道でもあった。

 こうした在郷町である東郷は、現在に至るまで大きな変容をとげる。在郷町であった江戸時代までに基本的な街路構造が完成するとともに、在郷における「まち」として農産物の集散地であり、商工業の中心でもあった。その後、明治22(1889)年に東郷村が成立すると行政施設(当時の村役場)が配置され、同時に種々の近代施設が配置されていく。明治から昭和中期にかけて、江戸時代までの「農産物の集散地や商工業の中心性」を高めるとともに、「娯楽や行政機能の中心性」を獲得したと言える。

しかし、高度経済期を迎え福井平野のインフラ網が整い車社会が到来する頃には、郊外型の大規模店舗が登場し始め、東郷の商店数や娯楽施設は減少していく。農村に住まう人々も、在郷町に訪れる必要はなくなり、郊外型の店舗に直接車で訪れるようになる。さらに昭和46(1971)年には福井市との合併もあり、行政機能も失う。その一方 【送料無料】 285/70R17 17インチ TWG イオン アロイ 174 9J 9.00-17 YOKOHAMA ヨコハマ ジオランダー M/T G003 サマータイヤ ホイール4本セット フジコーポレーション、昭和35(1960)年の越美北線の開通の影響もあってか、宅地の範囲は大きく広がる。江戸期にはほぼ東郷街道沿いのみであった市街地が、南北に大きく拡大している様子が以下の図から見て取れる。

 ▲福井平野における東郷の変遷図

 こうした発展の過程をもとに、東郷を3エリアでとらえたものが以下の図である。歴史的経緯や市街化の時期によって、それぞれのエリア毎に異なる資源や問題を持っている。

▲発展過程から見る東郷の空間構成

 以上を踏まえ、『在郷町は都市・社会の変化を受けやすくゆらぎやすい存在であり、現在に至るまでその「中心性」が在郷町時代から変化してきている一方で、在郷町であったからこそエリアごとに現在も残る資源がある』ことをまとめとしてお話した。

卒業設計「在郷でおりなす まち庭」

上記の歴史と現状の調査から 【送料無料】 225/45R18 18インチ DUNLOP ダンロップ ヴィオレント JS 7J 7.00-18 DUNLOP ダンロップ エナセーブ EC204 サマータイヤ ホイール4本セット フジコーポレーション、在郷町であった東郷からの変容を認識しつつ各エリアの資源・良さを活かしたまちづくりが必要だと考えた。そうしたまちづくりの一案として、卒業設計時に設計提案した「在郷でおりなす まち庭」を発表した。

この設計では、主にエリア2において発生している裏になった農地や空地を建築と一体に活用することで、

、人の居場所となり人が活動する場(=まち庭)を提案している。在郷のまちで、まち庭を実現するために、2つのスケールでの提案が必要であると考えた。

1.在郷で織り成す ―都市-まち-農村の関係を生む、東郷全体の計画―
・周辺地域との関係性を見直し プロジェクトμ ブレーキパッド HC-CS リア用 NXクーペ B13系(ABS無) 90.1~94.5 プロジェクトミュー、周辺部やエリア毎に点在している在郷の資源を活かすとともに、建築内部にとどまる人々の活動を重ねあわせる。

2.居り為すまち庭 ―新たな在郷のまちをつくりだす、農と建築の設計―
・道路に向いた建築や裏になった小さな農地・空地を一体の空間として整備することで、人々の居場所を生み出す。
・それぞれのエリア毎の歴史・資源を活かしたつくり・用途とする。

HYPERMOTARD821 レバー本体カラー:マットチタン SSK アジャスターカラー:マットチタン 可倒延長式 アジャスターカラー:マットチタン エクステンションカラー:マットグリーン アルミビレットアジャストレバーセット SSK HYPERMOTARD939 エスエスケー

これらの大きな方針をもとに各建築物やランドスケープの設計をおこなうことで、農地や空地と建築が連動し、オープンスペースのまわりに人が居ることができる空間が生まれる。そうした空間は、在郷ならではの自然と四季の豊かさによって担保される。さらに、人が「居る」空間と活動を「為す」空間が近接することで、東郷の住民はもちろん、福井の中心市街地に住む人や農村に住む人が訪れ、様々な人が「まち庭」に関わるようになるのではないかと考えた。

 ▲卒業設計「在郷でおりなす まち庭」提案の概要

発表を終えて

住民の方の前でお話させていただき ビルドアライン ボルトオンブレーキホースキット リア用 ステンブラック GOODRIDGE(グッドリッジ) ZXR250(~90年) PMC/ピーエムシー 72-85 Z1/Z2 Billet ポイントカバー シルバー、皆様から純粋な反応をいただけたことを、非常にありがたく思う。会場の皆様からの質問では、東郷が「ナンバーワンを目指すのは無理かもしれないけれど、オンリーワンを目指すためにはどうすれば良いか」という質問をいただいた。シンポジストの佐々木氏には、まち庭の考え方や駐車場の配置について興味をもっていただき、「生活インフラ(電線等)も裏手にまわすことができるのではないか」と話が展開した。また、自分の地元の小学校区の公民館長も来られており、東郷地区もいいけど地元の地区も是非と、ありがたいお言葉をいただいた。

一方で卒業設計と実空間での実現の間には相当な道のりがあることも改めて実感した。例えば「誰が・いつ・どのように、まちに関与していくことでまち庭が実現できるか」といったまちづくりの手順の案をお示しできれば、より実感のあるものとしてまち庭を捉えていただくことができたのかもしれない。

シンポジウムが終わった後も、展示させていただいた1/2500の模型を囲み住民の方々が話をしておられた。「槇山のてっぺんは杉が高くて何も見えん」「(山裾や山道も)もうちょっとなんとかできればいいんやけどねえ」等と話が展開し、自身の実感と重なる部分が多々あった。地区全体を俯瞰できるスケールの模型はやはり必要なのだと実感した。

 

 ▲東郷地区住民の皆様と、1/2500の模型を囲んで。

 最後に、住民の方に「福井でよく田舎のこと“ざいご”って言うけど、在郷町って一般的な言葉やったんやの」と声をかけていただいた。設計の内容は勿論だが、タイトルや言葉の決定にも悩んだ分、福井に暮らす人々に伝わるもの・残るものがあったと感じられたことが、何よりも嬉しかった。今回はまち庭を提案したが、まち庭のような場があることで、まずは住民の方が東郷の「まち」に関与しうる空間が生まれることが重要なのではないかと感じている。

最後になりましたが、お忙しい中当日まで準備してくださった東郷地区・福井市のみなさまに、この場をお借りして感謝いたします。ありがとうございました。