>  > TTRタイプスリップオンマフラー GTタイプ チタンバージョン ASAKURA(浅倉商事) CB250F(14~)
【メーカー在庫あり】 N151.26008605T サンドビック(株) サンドビック T-Max Q-カット 突切り・溝入れチップ 1125 10個入り N151.2-6008-60-5T HD
【メーカー在庫あり】 山崎産業(株) コンドル (クッションマット)ケアソフト クッションキング #12 ブルー F-154-12-BL HD
 
 アライヘルメット RAPIDE IR メタルシルバー 55-56
HOME > スピリチュアルツアー > 2008 レバナ先生と行く!スピリチュアルアイルランドツアー

CB250F(14~) TTRタイプスリップオンマフラー ASAKURA(浅倉商事) CB250F(14~) GTタイプ チタンバージョン ASAKURA(浅倉商事)

ハイパワーフルキット(68ccボアアップタイプ) Auto Boy(オートボーイ) ビーノ(VINO)

TTRタイプスリップオンマフラー GTタイプ チタンバージョン ASAKURA(浅倉商事) CB250F(14~)

JMA通信 「THERAPY」 購読者限定!
無事に帰国したとの報告がありました。
旅の様子はツアーブログなどで随時ご報告いたします。お楽しみに!
美しい緑をたたえる神話と妖精の国 「アイルランド」。 いにしえの日本と同じく自然崇拝のアイルランドには、今なお 「聖域」 とされる数多くのスポットがその姿を現在にとどめています。 今回のツアーでは、「レイライン」 上に並ぶ巨石遺跡をたどり、ヴォルテックス・スポットで儀式を行います。 レバナ先生と一緒にケルトの自然、大いなる神々に出会ってみませんか?

アイルランド地図| DAY 1| DAY 2| DAY 3
DAY 4| DAY 5| DAY 6| DAY 7| DAY 8
太古より地上のパワフルな場所を一直線に結んでいるとされてきた、エネルギー・ライン。
この線は、その昔、人々がさまざまな季節に、神々や女神たちの誕生と生命を祝うために用いた道であり、人々が神託や特別な癒しに預かろうとして、あるいはさまざまな季節の祭りを祝おうとして行き来した道でもある、といわれています。
モハーはゲール語で 「廃墟になった崖」 を意味し、高さ 200m、8km にもわたって大西洋に突き出ている断崖絶壁は自然の驚異。
 
ケルト神話にもたびたび登場する神秘の山。 異界への出入り口があり、白い霧の出る夜には、馬に乗った妖精 (幽霊) 達が出入りすると言われています。 平べったい山が、突然、平原からそびえ立つ姿はどこか不思議な雰囲気を漂わせています。
アイルランドの城のなかでもその美しさはまるで絵画のように美しいといわれています。
19世紀にイギリスの富豪が妻のために建てたものですが、その後、修道院となりました。
トウバノウはかつては異教徒の地であり、癒しの霊力を持つとされていた泉は彼らにとって神聖なものでした。 その後、キリスト教徒にとってミサや結婚式のようなセレモニーを執り行う場所となりました。 トウバノウの聖泉は Dimotiv ディモーティヴ アジャスタブルレバー クラッチ マット仕様 タイプ3 エクステンションカラー:レッド ボディーカラー:ブラック(アジャスターカラー:レッド) TMAX500 TMAX530 グランドマジェスティ400、山から直接流れてくる水で、背中の痛み、頭痛、胃痛、喉の痛み、足痛 、体調不良など、色々な疾患に治療効果があるといわれており、色々な治癒が証明されています。 19世紀初頭にコレラが大流行していた頃、予防と治療に多くの人が訪れたという逸話も残っています。
アラン諸島の南岸の丘に眠る半円の古代遺跡の砦。 軍事要塞、あるいは儀式のための聖地として使われたという説もあります。
ストーンサークルやケルン (石塚) といった巨石遺跡は、数学的比率の π を使って配置されており、太陽崇拝文明においてそこには、プラスとマイナスのバランスをとる渦巻きパワーが隠されているといわれていました。
また、ストーンサークルの地下水脈の交差するポイントは、ボルテックス (渦巻き) エネルギーの源となっています。
ケルン G の入り口には、ルーフボックスとして知られている構造物が組み込まれており、夏至の日没に向けて配置されています。 有名な例としてニューグレンジがありますが、これは冬至の日昇に向いています。
ロウクルーの通路型墳墓は、スリーブ・ナ・カリア(魔女の丘)としても知られています。 30以上の盛土塚やケルン (石塚) があり、そのほとんどが2つの丘にあります。
東カルンバン (丘) 上最大で、直径約 120フィートあり、ニューグレンジでも同様に使用されていた白色水晶で覆われていました。 また、大きな中央玄室と側玄室を持ち、アイルランド十字形に配置されており、盛土塚もボイン渓谷の遺跡群と同様、表面に彫刻のある石が多く存在しています。 墳墓は、紀元前 3,200年頃に建設されました。 これらの通路型墳墓は、時間の測定を第一の目的としていました。 ケルン T は、春分と秋分に合わせて一直線に配列されています。
新石器時代、紀元前 4,000 ~ 2,500年まで遡り、アイルランドで最も良い状態にある遺跡。 1935年に発掘され、その後、直ぐに修復されました。 くさび形をしたケルン (石塚) では儀式が行われていたといわれています。
紀元前 4,600 ~ 4,200年に建設されたアイルランド最大、ヨーロッパで最古の巨石墓地。 ニューグレンジよりさらに 700年以上前のものと考えられています。 ほとんどの遺跡はリストギルの大型ケルンを中心に螺旋型に散らばり、キャロウモア北のドルメンまでと続きます。 このドルメンは遺跡群の中でも保存状態が良く、ストーンサークルも完全な状態で残っています。 遺跡全体が祭祀目的で造られたものともいわれています。
小さな美しい森の中にストーンサークルが点在しています。
トウバノウにある 「ラグ・ツリー」 は聖なる樹木とされています。 そのため、ここに来た多くの人々が、自分の一部、たとえば衣服の切れ端や小さな持ち物を願いをこめて木に結びつけています。
ニューグレンジとはゲール語で太陽の洞くつという意味。 ピラミッドよりも古い 5000年前以上前に建てられたアーチ型の天井を持つ世界最古の建造物です。 優れた工法が用いられているとともに、天文学的にも驚異的であり、入り口から墓に続く通路の上部にある小さな窓からは、1年に1度、1年で最も日の短い冬至に太陽の光が墓室に差し込むように設計されています。 周辺の石に刻まれている渦巻き状や菱形の模様は、宗教的な意味があるとされています。 1993年、世界遺産に登録されました。
古代アイルランドの時代には霊的な聖地、そして政治の中心地でした。 ここにある高さ約 1m の 「運命の石」 は、豊曉、繁殖力のシンボルと考える人もいます。 伝説によると、王になるべき人がこの石に触れると、石が震え、慟哭したといわれています。
「ケルト」 という呼び名は、古代ギリシャ人が紀元前 600年頃に西ヨーロッパに移住した異民族を 「ケルトイ」 と読んだことに由来します。
      
Celt (ケルト) は、「優れたもの」 という意味を持ち、ヨーロッパ中央部から広がり、スコットランド、アイルランドまで到達したとも言われています。 ケルト民族は紀元前3世紀に絶頂期を迎え、ローマやギリシャのデルフィにまで領地を拡大しましたが、ローマ帝国の勃興に伴い衰退、最後にはヨーロッパ西大陸に追いやられてしまうことに。 しかし、唯一、アイルランドだけはローマ軍の侵略を逃れたことで、今なおイキイキとした初期のケルト伝承が残っているのです。
      
ケルト民族は、ケルトの言語 (アイルランドのゲーリック語、イギリス・ウェールズ地方のウェルシュ語、コーンウォールのコーニッシュ語など場所によって微妙に違います) を話す民族で、ケルトの文化 (太陽・巨石信仰、樹木、河や聖泉にスピリチュアルなものを感じる) をもつ人々のことを言います。
ケルト人には、書かれたものを信用せず、語りと正確に訓練された記憶力だけを真実とする独特の習慣がありました。 数々の神々や英雄の物語はドルイド僧によって口承されたものです。
      
ドルイドとは、「知恵、樫の木の智恵を持つ物、木霊を知る者、魔術、魔力を知る者」 などを意味し、哲学者、教師、預言者、魔術師、神官、詩人でもあり、魔術を使う識者でもあり、王に匹敵する力を持っていたとも言われています。
ちなみに、ドルイドと言う言葉は下記のような言葉と関連があります。
ギリシャ語 …… Drus (= Oak:樫、オーク)
ゲール語 …… Daur (= Oak:樫、オーク)
ギリシャ語 …… Dryad (= Tree or Wood Nymph:樹木の精)
ゲール語 …… Draoi (= Magician:魔術師)
      
ツアー4日目に訪れるイニュシュモア島のケルトの司祭 ダラ・モリー氏は、ある意味ドルイド僧とも言えます。 ※ ただし、ダラ・モリー氏はご自分のことを 「Celtic Monk」 と紹介しています。
また、今回のツアーで訪れる場所はそのほとんどが聖地。 ドルイドに関係しています。
国立博物館所蔵で、ドルイドが儀式に使う黄金のカラーは必見です!
<参考資料> 「世界の神々」 がよくわかる本 (PHP文庫)
アイルランドでは、キリスト教やユダヤ教のような一神教と違い、日本の神々と同じように人間的な性格をもつ神々がケルト神話として語り継がれてきました。
ケルト神話には、英雄や騎士団の武勇伝の他にも、神や妖精、ドルイド僧などが魔術を使う話や、 天国のような楽園の住人が不老不死で飽きることなく遊び尽くす話など、 摩訶不思議なファンタジーがたっぷりと含まれています。
      
今回のツアー訪れる神々に関する場所のハイライトは、やはり、ボイン川流域 (ニューグレンジ、タラの丘等)、 世界遺産にも登録された、「ブルー・ナ・ボーニャ」(ボインの集落) でしょう。
神話では、ダーナ神族 (巨人族) の 最も偉大な神 ダグダ は、 ニューグレンジの丘の地下に、「ブルー・ナ・ボーナ」 と呼ばれる美しい王宮を持っていたと伝えられています。 ボイン川の女神 ボアーンとダグダの間に生まれた子供の一人が、愛と若さの神エーンガス (オィンガス) *1 とされています。 ※ アラン島のデューン・エンガスと関係があるかもしれないという説もあります
また、キャロウモア遺跡群にも王ダグダと女王メイブが登場します。 キャロウモア遺跡 No.51 のケルン (石塚) を中心として、ノクナリー山の山頂の女王メイブのケルンが北西に、王ダグダのケルンが南東に、と一直線に並んでいます。 この配置は、ニューグレンジの配置にも見られる北西 (夏至の日没) と南東 (冬至の日昇) をつなぐ直線と同様だと考えられています。
      
人気 No.1、半神半人 (キリストみたい!) の 英雄ク・ホリン (クー・フリン) はダブリン市内 G.P.O (中央郵便局) で瀕死の像で見ることができます。 頭上にとまったカラスは、戦いと殺戮の女神モリガン です。
*1 愛と若さの神 エーンガス (オィンガス) について
全知全能の神ダグダの息子。 愛と若さと美の神で、ボイン河のほとりにある妖精の丘 (シー) に住み、後に王となった。 彼が黄金の竪琴で奏でれば、優しく美しい調べに、みな心を奪われた。 彼のキスが小鳥となって、若者の頭の上を飛び、そのさえずりが愛の思いとなって心の中に飛び込んだという。
<参考資料> 「世界の神々」 がよくわかる本 (PHP文庫)
アイルランド最古の大学 (1592年、エリザベスI世の勅許により創立) で、最高の教育機関。 このトリニティ・カレッジには 「ケルズの書」 という、世界で最も古く (9世紀初頭) 典麗な装飾写本のひとつがあります。 ケルト美術に興味のある方は必見です。 また、古めかしい皮表紙の書籍で天井近くまで覆い尽くされた図書館 (ロング・ホール) は壮観です。
3世紀、ローマ皇帝クラウディウスは、戦士たちが戦場に行きたがらない理由は家族や恋人のせいだと思い、結婚を禁止してしまいました。 それを見かねた司祭バレンタインは、兵士達を内緒で結婚させていましたが、それが皇帝の知るところとなり、処刑されてしまいました。 後に、彼が殉教した2月14日を 「バレンタインデー」 とし、カルメル教会には、愛の守護聖人として 「聖バレンタイン」 がまつられることとなりました。 教会内にある聖母子像は宗教改革で壊されなかった、この時代唯一の木製の像です。 また、教会の入り口には病を癒すといわれている 「聖アルバートの泉」 があります。
アイルランドではどこの宿に泊まっても、かなりのボリュームの朝食が出てきます。 これが 「アイリッシュ・ブレックファースト」 です。 フレッシュ・フルーツに始まり、シリアル、ヨーグルト、ハム、スモーク・サーモンなどがまず出されます。 すると次にメイン料理として、温かい大皿料理が振舞われます。 これは大抵、卵ベーコン、ソーセージなどがたっぷり盛られたボリューム満点の料理。 これはもともと農業国だったアイルランドで過酷な肉体労働に備えるために、1日の始まりに農民たちが朝食をしっかりとる習慣からきたものだといわれています。(World Therapy vol.1 より抜粋)
ガラ (Gala) は、祭・祝宴・競技会・特別な催し (封切り公演、こけら落とし等) という意味があり、
一般にヨーロッパのガラ・ディナーは祝宴として、特別なフォーマル・パーティなどに使われます。
アイルランドの工芸品としては、イニシュモア島オリジナルの アランセーター がお勧めです。 上質のアランセーターはマークと手編みのラべルがついていて、ダブリンのメインストリートにあるショップでも購入できます。 また、ゴールウェイ発祥の クラダリング は、ゴールウェイやダブリンのお店で予算に応じて入手できます。 トリスケル (海・大地・火を表すケルト系民族のシンボル)、スパイラル (渦巻き)、タラブローチ や ケルト十字等をモチーフにしたアクセサリ も充実しています。
イベントの内容、

TTRタイプスリップオンマフラー GTタイプ チタンバージョン ASAKURA(浅倉商事) CB250F(14~)

、行程は現地の状況や天候などにより変更する場合があります。
ツアーにはレバナ先生による個人セッションは含まれません。
食事欄で括弧付きの箇所は機内でのお食事となります。



月日
(2008年)
行程 宿泊地 食事
5/21
(水)
DAY 1
成田発
ダブリン (朝)
(昼)
5/22
(木)
DAY 2
ロウクルー遺跡群 (ケルン T)
※ 現地ガイドによるツアー
キャロウキール遺跡群 (ケルン G)
キャロウキール遺跡群 (ケルン G)

ケルン G の入り口には、「ルーフボックス」 として知られている構造物が組み込まれており、夏至の日没に向けて配置されています。 「ルーフボックス」 の有名な例としてニューグレンジがありますが、これは冬至の日昇に向いています。


※ 現地ガイドによるツアー
スライゴー
スライゴー

アイルランド北西部の中心。 霧に包まれた幻想的な雰囲気をかもし出す街並み、そして湖を囲む森林、湿原を舞う野鳥といった美しい自然が織り成す光景は、ノーベル文学賞を受賞した詩人 W.B.イェーツが愛したことでも知られています。

聖山ベン・バルベン
聖なる山 ベン・バルベン

ケルト神話にもたびたび登場する神秘の山。 異界への出入り口があり、白い霧の出る夜には、馬に乗った妖精 (幽霊) 達が出入りするといわれています。 突然、平べったい山が平原からそびえ立っている姿はどこか不思議な雰囲気を漂わせています。

を眺めながら、
ドネゴール
ドネゴール

アイルランド共和国と北アイルランドの国境に面し、アイルランド共和国の中で最北に位置する都市。 なだらかな丘や放牧地などの平地が多い他の地域とは異なり 16インチ サマータイヤ セット【適応車種:シビック ハイブリッド(FD系)】WEDS ライツレー ZM ブラックメタリックポリッシュ 6.5Jx16ディレッツァ DZ102 205/55R16、高い山に囲まれたこのエリアは今もなお手付かずの自然が残っています。

ドネゴール

5/23
(金)
DAY 3
クリーヴィキール遺跡
クリーヴィキール遺跡

新石器時代、紀元前 4,000 ~ 2,500年まで遡り、アイルランドで最も良い状態にある遺跡。 1935年に発掘され、その後、すぐに修復されました。 くさび形をしたケルン (石塚) では儀式が行われていたと言われています。

~ 癒しの聖泉トウバノウ にて儀式、ラグ・ツリー
巨石遺跡のハイライト、キャロウモア古代遺跡
キャロウモア古代遺跡 (1/2)

紀元前 4,600 ~ 4,200年に建設されたアイルランド最大、ヨーロッパで最古の巨石墓地。 ニューグレンジよりさらに 700年以上前のものと考えられています。 ほとんどの遺跡はリストギルの大型ケルンを中心に螺旋型に散らばり、キャロウモア北のドルメン (自然の石を立てた大きな墓石) まで続きます。

キャロウモア古代遺跡 (2/2)

このドルメンは遺跡群の中でも保存状態が良く、ストーンサークルも完全な状態で残っています。 遺跡全体が祭祀目的で造られたものともいわれています。

イニシュモア

5/24
(土)
DAY 4
デューン・エンガス
デューン・エンガス

アラン諸島の南岸の丘に眠る半円の古代遺跡の砦。 軍事要塞、あるいは儀式のための聖地として使われたという説もあります。

カフェでランチ
アイルランドの食べ物

アイルランドの料理は、新鮮な海の幸・畑の幸の食材を使った素朴な料理。 シンプルな味付けだからこそ、素材の味が引き立ちます。

強いエネルギースポットの テンパル・キアラン (寺院跡) で ケルトの司祭
ケルトの司祭:ダラ・モリー

イニシュモア島のガイドをお願いするのは ミシュラン PRIMACY プライマシー 3 サマータイヤ 215/45R18 BLEST Bahnsport Type902 ホイールセット 4本 18インチ 18 X 7 +48 5穴 114.3、自然信仰を主とするケルトの司祭。
ダラ・モリー司祭はカトリックから改宗したというユニークな経歴の持ち主。

改宗の理由を聞いた際には 「カトリックは権力が大きいし、厳しすぎて、いろいろあったので…」 と言いつつ、「改宗して良かったことは?」 という質問には 「お酒も飲めるし、愛する女性と出逢って結婚できたよ」 と笑いながら冗談でかわしてしまう機知に富む方です。

略歴 (Dala Molloy ウェブサイトより抜粋)

1949年
ダブリン郊外の港町ダン・ラオーにて7人兄弟の次男として誕生。

1952年
Yellow Walls 国立学校に2年間通学後、セントラル・モデル・スクールとされた Scoil Colmcille に 11歳まで在学。 この間全てゲール語で教育を受ける。

1966年
マリスト (カトリック系) 修道会運営の Cahnel College Coolock 校を卒業。

1966~1967年
エンジニアリングの BSK にて1年間在職。

1967~1976年
マリスト修道会にて9年間修行。 この間 UCD にても教育を受ける。
1974年に心理学とコンピュータ・サイエンスの名誉学位を取得。
1975年より1年間はローマの Angelicum University に在学。

1976~1977年
Milltown 神学校に在籍中 225/55R16 BRIDGESTONE ブリヂストン BLIZZAK VRX2 ブリザック VRX2 weds LEONIS NAVIA 05 ウエッズ レオニス ナヴィア 05 スタッドレスタイヤホイール4本セット、地域のコミュニティ活動を発展させ、マリスト・ユース・クラブの指導者となり、創作ドラマ、ワークショップ、音楽活動、サマー・ユース・プログラムの運営に携わる。
の2階建てバスを CIE (旅行手配を担当する旅行会社のようなオペレータ) より購入し、日帰り旅行、移動演劇、資金集め、さらに休暇中の泊まり込み用としても利用した。

1977~1985年
1977年の聖職叙任式にて、正式にカトリックのマリスト修道会聖職者となり、St. Mary's College で教師およびチャプレン (宗教儀式を行う礼拝堂付きの牧師) に在職。
この間、地域の若者の為の音楽活動、マリスト隠遁所を設立し、成人のための教育と隠遁 (世間から離れ、静かに瞑想したりして精神の安らぎを得る生活) の機会を与える。
1983年には教職の経験から、辛口の批評家としてアイルランドの教育システムに関する執筆活動などを行う。

1985年
イニシュモア島で、

、ケルトの司祭として暮らし始める。
最初は隠遁者・世捨て人のように島の中央の粗末な小屋で暮らしていたが、1年もすると彼に賛同する人々がプロジェクトを支援するようになる。
1985年からの1年間は、地方教区のクラージ (礼拝堂を与えられていない司祭) として、カトリック信者の要請があれば儀式等を執り行っていた。 この間はケルトの司祭と兼任。

1989年
The Aislling Magazine をオフセット印刷にて 31部創刊。
ケルトに基づいた、スピリチュアル、教会、経済、生活様式、環境等に関する新しい考え方を示す。

1996年
マリスト修道会およびローマカトリックから離れ、ケルト司祭へ改宗する事を宣言し、国中の話題となる。
改宗後、ケルト・スピリチュアル・センター設立に協力してくれた Tess Harper と結婚。 現在4人の子供たちに恵まれている。

現在
イニシュモア島でケルトの司祭として活動。
世界中からのボランティアの援助により、建物の修復、環境を考えたオーガニック栽培、地元の観光産業の促進に忙しい毎日を送っている。
島内のスピリチュアルな場所のガイドや要望に応じた様々な儀式 (ケルトの冠婚葬祭・新居や新車のお祓い・カウンセラー等) をケルトの司祭として執り行っている。

による儀式
イニシュモア

5/25
(日)
DAY 5
午前は自由時間
ゴールウェイ

5/26
(月)
DAY 6
午前は自由時間 (ゴールウェイ
ゴールウェイ

小さな漁村として生まれたこの町ですが、現在ではアイルランド第4の都市となっています。 町の中心部には細い路地が入り組み、昔ながらの店構えの店が並びます。 古い歴史のある街の面影を残しつつ、近年新しい産業や大学の開校などで西部の中心都市として活気にあふれています。

の街中をお楽しみください)
ダブリン

5/27
(火)
DAY 7
中世の面影が残る古い町ドロエダを経由して、ボイン川流域ハイライトの巨大遺跡群 ニューグレンジ
ニューグレンジ (1/3)

「ニューグレンジ」 とはゲール語で 「太陽の洞くつ」 という意味。 ピラミッドよりも古い 5,000年以上前に建てられたアーチ型の天井を持つ世界最古の建造物です。 優れた工法が用いられているとともに、天文学的にも驚異的であり、入り口から墓に続く通路の上部にある小さな窓からは、1年に1度、1年で最も日の短い冬至に太陽の光が墓室に差し込むように設計されています。 周辺の石に刻まれている渦巻き状や菱形の模様は、宗教的な意味があるとされています。 この場所は 1993年、世界遺産に登録されました。

ニューグレンジ (2/3)

ニューグレンジの石に刻まれている渦巻き状の模様 「トリスパイラル」 は生と死と再生のシンボル、また完全なバランスのシンボルとも言われています。

02年- トゥオーノ1000R R サンスター/SUNSTAR フロント ディスクローター プレミアムレーシング スリット フローティング 左用
ニューグレンジ (3/3)

冬至の日には、太陽の光が中の石室に入る仕組みになっています。 このことから、エジプトと同じく太陽信仰をしていたことが分かります。 この神秘的な場所は 「神々が住む異界」 としてアイルランドの神話に取り入れられています。

、ノウス へ
スレイン村でランチ
ダブリン
ダブリンの街

城壁で囲まれた街並には、ジョージア朝様式の建築物にみられる風格と、現代の文化が融合し独特の雰囲気をかもし出しています。
多くの有名な作家や芸術家、音楽家が生まれたこの街は、数々の劇場、800軒を越すパブがあり、芸術を楽しむ人々で活気にあふれています。



5/28
(水)
DAY 8
トリニティ・カレッジ
トリニティ・カレッジ

アイルランド最古の大学 (1592年、エリザベスI世の勅許により創立) で、最高の教育機関。 このトリニティ・カレッジには 「ケルズの書」 という、世界で最も古く (9世紀初頭) 典麗な装飾写本のひとつがあります。 ケルト美術に興味のある方は必見です。 また、古めかしい皮表紙の書籍で天井近くまで覆い尽くされた図書館 (ロング・ホール) は壮観です。

国立博物館
ダブリンの国立博物館 (1/5)

紀元前 2,000年から現在に至る、アイルランドが誇る工芸品など至宝の数々を所蔵する国立博物館。 数々の国宝は見応え充分。 中でも 8世紀につくられた 「タラブローチ」 は精工なケルト文様が彫りこまれた金細工の最高傑作とうたわれています。

ダブリンの国立博物館 (2/5) タラブローチ

「タラブローチ」 は、ミース県のドロエダに近い海岸のベティスタウンで発見され、名前はダブリンの宝石商によって付けられました。 一般的には僧侶が僧衣を留めるために身につけたと言われていますが、リング部分とピン部分に分かれているこのブローチ、リング部分の直径は 8.7 cm、プレート最端部の厚みは最大 4.55 cm ZRX1100 国内仕様 HIR(ハイパーイグニッションリーダー) TG-Nakagawa(TG中川)、ピンの長さは 32 cm、重さは 224.36 g と、実際には装着しにくいサイズであることから、本当の使用目的は他にあったとも考えられています。 太陽と月の軌道を記した 「太陽 / 月の計測器」 あるいは 「時計」 という一説もあります。

出典:Book by " Michael Poynder "

ダブリンの国立博物館 (3/5) ロス・ルナラ

ルナラ (半月形) は、初期アイルランド黄金様式のものとしてよく知られており、その形は新月を連想させます。 この形には、はっきりと 2つの中心があり、おおまかに、2 (内側) から 3 (外側) の円周があります。 太陽と月の軌道を記した 「太陽 / 月の計測器」 あるいは 「時計」 という一説もあります。

出典:Book by " Michael Poynder "

ダブリンの国立博物館 (4/5) ロス・ルナラ

ルナラ (半月形) は、初期アイルランド黄金様式のものとしてよく知られており、その形は新月を連想させます。 この形には、はっきりと 2つの中心があり、おおまかに、2 (内側) から 3 (外側) の円周があります。 太陽と月の軌道を記した 「太陽 / 月の計測器」 あるいは 「時計」 という一説もあります。

出典:Book by " Michael Poynder "

ダブリンの国立博物館 (5/5) ドルイド僧の首飾り

黄金の首飾りは青銅時代に、儀式を行うドルイド僧の首周りに着けられていたものです。 この首飾りには、11 の太陽の円盤が両方の縁飾りの上にあり (合計で 22)、楕円形の弓形の部分には、隆起した 7本の線 (光を構成する 7 を表す) があります。 22/7 は、約 3.14 となりますが、この数字は御存知のように、円や三次元表示の数学的比率である π (パイ) の近似値となっています。 石器時代に造られたドルメンを含む、石器時代や青銅器時代の多くの遺跡が、この数学的比率で配置されているのは興味深い点です。

出典:Book by " Michael Poynder "

見学
ダブリン

5/29
(木)
DAY 9
ダブリン発
KLM オランダ航空・アムステルダム経由で成田へ
機内
(昼)
(夜)
5/30
(金)
DAY 10
成田空港到着。お疲れ様でした。
   

  |    |     |    |  

TTRタイプスリップオンマフラー GTタイプ チタンバージョン ASAKURA(浅倉商事) & CB250F(14~) ダブルゼットアール

{yahoojp} {jma-inc.jp}
{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-69168